【Go To トラベル支援事業対象】講談師 玉田玉秀斎が描く「神君伊賀越えの道」 健康ウォーキング約9キロ(日帰り郊外観光)

講談師 玉田玉秀斎が描く「神君伊賀越えの道」健康ウォーキング(約9キロ)
NHK大河ドラマで明智光秀が取り上げられていますが、戦国時代最大の謎ともいわれる「本能寺の変」。光秀はなぜ主君の信長を討ったのでしょうか?
その時、徳川家康は本国三河へ帰る為、河内・南山城・信楽・伊賀越え・伊勢・伊勢湾・岡崎城と逃げ帰ったと伝わります。(経路には諸説あり)
お茶の京都DMOでは、講談師・四代目玉田玉秀斎氏の饒舌・多彩な講談で、今もなお研究者の間で議論が続く命からがらの逃走劇の舞台「神君伊賀越えの道」をウォーキングツアーとともに描きだします。
初霜のミステリアスな南山城(京都府南部)の歴史散歩道へどうぞお越しください。

■定員・実施日
12月12日(土) 募集定員20名様 ※最少催行人員14名 ※添乗員同行
※満員になり次第、〆切させていただきます。
申込〆切日 11月30日(月)

■旅行代金・給付額・地域共通クーポン・お支払い実額(おひとり様)
・ご旅行代金(A)12,200円 ※Go To キャンペーン適用前
・旅行代金への給付額(B)4,200円
・地域で使える地域共通クーポン 2,000円
・お支払い実額(A)-(B) 8,000円 ※Go To キャンペーン支援金適用後
※旅行代金に含まれるもの ①バス代金 ②昼食(会席弁当)1回③現地ガイド料 ④添乗員経費 ⑤拝観料

■行程
京都駅八条口(8:30)=鴨川西IC=京田辺PA=枚方東IC=来雲寺P…尊延寺…甘南備山登山口…酬恩庵一休寺・待月軒にて(講談「神君伊賀越え」①)=大扇(昼食と講談「神君伊賀越え」②)=宗円交遊庵やんたん(お買い物)…永谷宗円生家…大福谷…松峠…遍照院…茶屋村バス停=総合文化センター(講談「神君伊賀越え」③)=枚方東IC=鴨川西IC=京都駅(18:30頃)
※詳しくは、下記「お茶の京都DMO」ページをご覧ください。

https://ochanokyoto.jp/event/detail.php?eid=556https://ochanokyoto.jp/event/detail.php?eid=556