二月堂竹送り(2020/2/11)

関西に春の訪れを告げる行事として親しまれている奈良東大寺二月堂のお水取り(修二会)。
この伝統ある行事に使用される籠松明に京田辺市の真竹が使われています。

早朝から竹林で切りだした竹を大御堂観音寺に運び、道中、家内安全を祈願して山城松明講の文字を竹に入れ、奈良に送り出します。
寺近くの農産物直売所、普賢寺ふれあいの駅では大根炊きの無料接待があります。

奈良では、東大寺転害門前で歓迎イベントがあり、その後、二月堂まで皆で寄進竹を運びます。

日程:毎年2月11日(祝)
場所:観音寺(京田辺市普賢寺下大門13)
7時45分 受付開始
8時00分 竹林へ移動(根付きの竹を掘り起こす)
8時45分 普賢寺ふれあいの駅で小休憩(大根炊き接待)
9時10分 観音寺で道中安全祈願祭
9時30分 観音寺出発(各自、奈良へ移動。事前予約バス有)
10時30分 転害門広場到着、歓迎イベント
11時20分 転害門広場出発
12時20分 二月堂到着、寄進竹奉納

主催:山城松明講社

観音寺を出発する竹送り行列